Motor Cycle

アドレスV125G 購入0.5年乗車レビュー

2000px-Suzuki_Motor_Corporation_logo.svg

まさかこんな日が来るとは思っていなかった

今回の記事は、当サイト初となるバイクの乗車インプレである。

メイン管理人やふりーがSUZUKIの原付二種バイク

アドレス V125Gを中古で購入して

半年(とちょっと)が経過したのでその使用感をお届けする。

0. アドレスv125Gとは?

スズキが発売しているアドレスシリーズのグレードの一つである

今回紹介するGクラスは現行型には存在しないが

2005~2009年まで通常型の上位グレードとして販売された。

アドレスシリーズは、いわゆる原二にあたる機種で排気量は125cc

その小柄なボディ(同クラス最小)と高い経済性が評価され

当時、非常に人気を博したバイクである。

20070719125038

1.デザインはどうか?

この部分は好みの部分が大きいが

個人的には、スクーターとしては普通だと考える

ただ、今のバイクと比べると少しやぼったく感じる

特にメーター周りは安っぽい部品が多く残念である。

2.エンジン性能はどうか?

アドレスv125のエンジンは概ね高評価を得ているが

特筆すべきは始動性の良さである

フューエルインジェクションシステム(FI)のおかげで

真夏の暑い日でも、氷点下の朝でもボタンひとつで始動する

更にはキックスターターも付いているので

バッテリーがお釈迦になっても始動できる。

エンジンが温まるまでチョークを引いて空ぶかしをしたり

何度も蹴りを入れる必要はない。

3.走行性能はどうか?

このバイクで最高何キロ出るかは試したことがないが

私道で試した時は80km/h超え(メーター)を確認できた

そもそも原二は60km/h以上出してはいけないので

スピードとしては十二分である。

もっとも、このバイクが生きてくるのは強烈な加速である。

40km/hぐらいまでの加速については

同クラスのバイクやそこら辺の軽自動車よりは明らかに速い

ストップ・アンド・ゴーの多い都市部では特に重要な要素であろう。

ただし、自分のアドレスは排ガス規制前のモデル(K7)なので

11.4PSの馬力がある。これが規制後モデルでは9.9にダウンする。

1割程度の差があることになるので

比較的新しいモデルの場合には考慮する必要がある。

4.乗り心地はどうか?

残念ながら、アドレスv125の乗り心地はあまり良いとは言えない。

これはコンパクトな車体とのトレードオフだろう

低いハンドルや、狭いステップは

特に身長が高いライダーでは乗りにくく感じるだろう

また小さなホイールや車体も原付き程度の速度で

運用するならば不都合は無いが

高速巡航中には不安があると言わざるをえない。

5.取り回しはどうか?

このバイクの一番の売りは何かと聞かれたら

ずばりこの取り回しであろう

アドレスv125をものすごく大雑把に言うと

原付きに125ccのエンジンを積んだバイクである

アドレスv50との違いのほうが少ないくらいである

そうであれば、これ以上取り回しの良い125ccのバイクは無いだろう。

6.燃費や航続距離はどうか?

燃費に関してはしっかり測ったことはないが

感覚としては1リッターで30kmくらいである

同じクラスで考えれば至って平凡な燃費である。

ただし、航続距離については注意が必要

アドレスv125Gは6Lしかガソリンが入らない

つまり、200kmも走れば燃料がなくなってしまう

長距離走行する場合には考慮する必要がある

7.タンデム(二人乗り)はできるか?

タンデム走行が出来るかと聞かれれば答えはイエスである

ただし、できると使えるでは意味が全く違う

アドレスv125は確かにタンデム走行する要件を満たしているが

決して快適な旅は期待できない

「チャリがパンクしたから駅まで迎えに行く」なら大丈夫だが

「二人で夏コミにいこう」とか考えない方が良い

有明に辿り着く前に限界が来る

8.アクセサリはどうか?

乗っていて特に便利だと感じた点は

センタースタンドと、リアキャリアである

センタースタンドはコンビニなどで5分位

止めておきたいときには面倒がない

また、リアキャリアは今のところ何も載せては居ないが

タンデム走行する際には同乗者の取っ手になる

この2つはノーマルクラスには無い良さだ

ただし、メットインケースはあまり大きくない

自分のジェットヘルメットは入ったが

フルフェイスのヘルメットは厳しいかもしれない

9.その他気になった点はあるか?

1つ気になるのはライトが暗いことだろう

先述したが、そこそこスピードが出るバイクなので

郊外などの暗い夜道では恐怖を感じる

もう1つ問題なところは、無理な追い越しなどに

遭う機会が多い点であろう

こちらが法定速度限界で走行していても

その横を勢い良く追い越していく車をよく見る

バイクの大きさや見た目ではなく

自分のメーターをしっかりと見て運転して欲しい

法令違反の上に非常に危険な行為である。

総評

アドレスv125は通勤・通学や隣の町まで買い物という

近~中距離を移動する用途にはオススメできる一台だ。

中古であれば価格も15万程度とさほど高くはない

逆に向かないケースとしてはバイパスなど流れの早い道や

長距離を頻繁に走行する場合だ

そのような用途にはあまり向いていない

素直により排気量や車体の大きいバイクをお勧めする

注意

この記事で言う原付二種とはいわゆる「原付」とは異なります

道路交通法では原付二種普通自動二輪に分類され

アドレスv125を公道で運転するためには

小型AT限定以上の二輪免許が必要となります

広告

]