雑記

(雑学)最近、NHKの時報を聞かないわけ

この前、面白いことを聞いた

NHKのニュースには始まる前に

時計と共に、こんなテンプレみたいなのが出てくる

「ピッ・ピッ・ピッ・ポーン、◯時のニュースをお伝えします」

ここ一年以内に、この時報を聞いた方はいらっしゃるだろうか?

恐らく、いないだろう。

今のニュースではこの時報は流れないからだ。

(もし聞いた人が居るとしたら、それはラジオの話である。)

では、なぜNHKが時代の流れに逆行して

正確な時報を流す事を辞めてしまったのだろうか?

その理由は、テレビにある。

アナログ放送では、受信した映像は即座に表示されるが

デジタル放送では、受信した映像はその機器の処理能力によって

表示されるまでの時間が異なるのである。

この関係はカセットテープとCDの関係に似ている。

カセットは再生ボタンを押せばすぐに再生されるが

CDは機器によって、読み込みに時間がかかることがある。

同じように、デジタルテレビで時報を流すと

機器によって、ズレが生じてしまう可能性が出てくるのである。

このような経緯から、デジタル放送になってから

NHKの時報は流れなくなったのである。

何事もアナログよりデジタルの方が万能と言うわけではない。

寄稿者 : suno

広告

]