雑記

心を病まない為の心得

こんにちは、やふりーです。

今回は、僕の友人や知り合いなど、周りの人たちに

心を病む人が絶えないために、

下手なのを承知な上で、啓発系の記事を書くことにします。

まず、僕自身あまりメンタルの強い方ではありません。

いつも何かに怯え、些細なことで悩み続けています。

体調を崩すこともよくあり、薬に頼った時期もありました。

しかし、それでも今まで生きてきました。

真っ当かどうかは分かりませんが、仕事もしてます。

この記事では、頭の悪い僕が無い知恵を絞って

これまで工夫してきたことを綴っています。

 

1.ダメだと思ったら逃げてしまおう。

逃げることは間違っているいう風潮があります。

しかし、目の前の事から逃げたといって死ぬ訳ではありません

一方で、過剰なストレスは死を招きます。

どちらの選択が理に叶っているかは、言うまでもないでしょう。

 

2.自分を許そう

向上心が高い人は、常に高い理想を掲げて

目標に向かって、努力しながら毎日を送っています。

それには、想像以上の努力と強い意志が必要です。

もし、理想に向かって歩み続けているなら

それは十分にすごいことです。

だから、少し辛いことがあった時は、後ろを振り返り

「ここまでよく、頑張った」と呟いて、少し休んでみて下さい。

 

3.やりたい事をしよう

職業や趣味を「安定」とか「世間体」

という理由だけで選ぶ人がいますが、そんな事はやめるべきです。

勿論、人によって様々な事情がありますが、

安定なんていう薄っぺらい幻想や、

世間体という誰かの偏見に、

どれほどの価値があるというのでしょうか?

やりたくもない事をしているほど、人生は長くありません。

4.体を動かそう

文武両道という言葉を学生時代に聞いたことはありませんか?

おそらく、生きていく上で最も大切なことの1つだと思います。

頭の良い人ほど見落としがちですが、

体を動かす事は、頭を動かすことと同じくらい大切で、

我々が逃れることの出来ない義務です。

 

5. 挑戦しよう

 

ここまで読んで「この記事は、ありきたりな事ばかりだ!」

と思ったかもしれません。おっしゃる通りです。

”ありきたりな事”しか書いていません。

それでもなお不満があるならば、解決方法は1つしかありません。

「今すぐ挑戦しましょう。」

資格試験でも、転職でも、気になっている相手に連絡を取ることでも…

残念ながら過去は変えることは出来ません。

でも、未来は変えることが出来ます。

 

おわりに

この記事は、抽象的で物足りないと感じたかもしれません。

しかし、人生に答えなどないのだから

具体的な解釈を加えるのはあえて避けました。

その分思いを巡らせていただければ幸いです。

どうか、あなたに幸福がありますように(ヽ´ω`)

広告

]