Hardwear

ロシア政府、intelやAMDを排除するための独自CPUを計画か!?

ARM-Baikal-Processors-Russia-635x255

ロシア政府が、intelやAMDなど西側諸国製の

x86プロセッサを排除するために

独自CPU”Baikal“を設計しているようです(´・ω・`)ノ

この計画では、連邦政府が使用している

コンピューターを先述の”Baikal”が搭載された物に変更し

さらに、OSもLinuxなどをベースにした独自OSにして

より他国に依存しないコンピューターを目指すようです。

“Baikal”の詳細なスペックは

  •  ファミリーネーム: Baikal
  • 製品名: Baikal M  ,  Baikal M/S
  • CPUタイプ: ARM
  • アーキテクチャ: Cortex A57 (64 Bit)
  • 動作周波数: 2 Ghz
  • コア数: 一般PC向け 8 コア  2015年(予定)
    サーバー向け 16 コア  2016年(予定)

ソース :
http://wccftech.com/arm-baikal-processor-8-cores-cleansweep-amd-intel-russia/

表を見れば分かる方もいらっしゃるとお見ますが

“Baikal”はARMですので既存のx86とは互換がありません

※intelやAMDのCPUと取っ替たら動かないってことです。

しかし、最近ではAndroidやiPhoneにもARMが採用され

Windowsも対応したりしているので色々と融通が効く上に

今後ますます発展していくであろう

ARMを採用したのは先見の明があると思います

ひとこと

いままでロシア製のPCっていうのは

あまり表舞台に出てきたことがないので

(ソ連時代はソニーのMSXを使ってたりしていた)

このニュースは政治的にかなり面白い話だったりします。

例えば、外国から輸入したPC部品の中に

”特定のコマンドを受けたらコンピューターのデータを全て破壊する”

というバックドアが仕掛けてあるとします

もし、輸入した国と武力衝突したりすれば

この部品は”隠れた爆弾”となり十分に脅威となり得ます(´・ω・`)

このような危険性を排除するだけでなく

輸入は富の流失にほかならないのですから

出来るだけ少ない方に越したことはありません

もっとも、ロシアの場合は国内でも諜報機関が・・・

###この続きは粛清されました###

 

広告

]