Linux

Wineで東方を実行する

今回はWineを用いてUbuntu上で

「東方Project」を動かしてみたいと思います。

これによって、Ubuntuで東方がプレイできますが

Wubi環境で実行するメリットはあまり無いです(笑

実行した環境

  • Ubuntu 11.04
  • Wine 1.2.2-0ubuntu6 (wine1.2)

前提

  • Wineがインストールされている
  • 東方シリーズの製品版or体験版を所持している

動作確認したタイトル

  • 東方紅魔郷(th06)
  • 東方妖々夢(th07)
  • 東方永夜抄(th08)
  • 東方地霊殿(th11)
  • 東方星蓮船(th12)

ちなみにいずれも製品版です

手順

  1. 過去の記を参考に東方をWineで実行できる状態にする。
  2. とりあえず実行して画面がおかしければ次の手順に進む。
    1. この時点で実行して問題ない場合もある。
  3. Wineの設定から[画面]-[Pixel Shaderを有効にする]のチェックを外す。
  4. 画面が普通に見えるようになっていれば成功です、プレイを楽しんでください。

注意:風神録以前の体験版だと音が出ません。また、それらの製品版において
音源にmidiを利用する設定にした場合音が出ないので注意が必要です。

追記:midiで音を出したい方はこちらの記事をお読みください。

ひとこと

当然のことながら、Windowsのソフトと言うものはWineで実行する

ことを前提に作られていないので実行出きるかどうかは未知数ですが

これを応用すれば、天則など他のゲームもプレイできるかもしれません。

また何か質問等あればコメントください、お疲れさまでした。。

広告

]