Linux

kvm内のCentOS 7.3でwebminを使えるようにする。

kvm内に入れたCentOS にwebminでアクセするというのが

意外と大変だったので、その備忘録。

備忘録なので、雑かつ砕けた口調なのは勘弁。

検証環境

ホストOS:Linux mint 18.1 Cinnamon 64-bit

ゲストOS: Cent OS 7.3. Core

0.CentOSをkvmに入れる。

これは前提条件。 virt-managerだと簡単にできる。

https://www.agilegroup.co.jp/technote/kvm-management.html

https://community.linuxmint.com/tutorial/view/1555

1.SElinuxを外す。

vi /etc/selinux/config を実行して

SELINUX=enableを、

SELINUX=disableに変えて再起動すれば良い。

SELinuxを使えばより安全になるのだが、如何せんハマる。

趣味の範疇でやるので、今回は切っておく。

業務用途で使う人はしっかり勉強しよう。

参考記事(外部):

SELinuxをCentOS 7 で有効化・無効化 (disabled, enforcing, permissive, setenforce) 停止の確認、設定

 

2.kvmのゲストOSをネットワークにつなぐ。

$ sudo virsh attach-interface centos7 network default

このコマンドをホストOSのMintで実行する。

すると、ゲストののCentOSがネットに繋がるようになる。

なお、centos7は仮想マシンの名前なので、適宜変更すること。

詳しいことは、外部記事を参考に。

参考記事(外部):

http://www.rhoboro.com/2016/08/13/kvm-on-digitalocean-2.html

 

3.Perlを入れる。

Webminの実行にはperlが必要なので入れておく。

$ sudo yum -y install perl

4.webmin を入れる。

$ sudo yum -y install http://download.webmin.com/download/yum/webmin-1.840-1.noarch.rpm

コマンドを実行すれば、webmin-1.840-1.noarchが入る。

最新版はhttp://download.webmin.com/download/yum/で確認できる。

5.webminを起動

インストールが完了したら、次のコマンドでwebminを起動する。

sudo service webmin start

5.firewallを通す。

このままではfirewalldにブロックされるので、

許可する必要がある。今回はローカルの実験用なので、

firewalldごと止めてしまう。実環境では絶対にやってはいけない。

$ sudo systemctl stop firewalld

6.webminにアクセスする。

ゲストosのipを確認し、ポート番号の10000をつければ

他のPCからwebminにアクセスできる。具体的には、

$ip a

をゲストで実行して、確認できたIPが192.168.122.22だとすると、

ブラウザで、https://192.168.122.22:10000/へアクセスすればよい。

うまく行けば完了。やったね!

広告

]