Linux

Ubuntuの不要なパッケージを削除してみる

Ubuntuを始めとしたLinuxは大変素晴らしいOSで

どこぞやのお行儀の悪い窓と違い

「一時ファイルが・・・」ということは少ないのですが

残念ながら全く”ゴミ”がたまらない事はないです。。

今回は、アプリケーションのインストール&アンインストール

を繰り返すと発生する”孤立したパッケージ”を削除できる

“GtkOrphan”を紹介したいと思います

・孤立したパッケージの問題

  • HDDの容量を圧迫する
  • 常に最新版にアップデートされ、リソースの無駄
  •  雪だるま式に孤立する可能性がある
    →例:孤立している「B」を削除したら依存している「C」が孤立した
“GtkOrphan”を使うことによってこうした”孤立したパッケージ”を削除できます

・注意

必要なパッケージを削除してしまうと

最悪Ubuntuが起動しなくなります

ご利用は自己責任で!!

・手順

1. [ソフトウェアセンター] から[GtkOrphan]で検索しインストール

※日本語名は [ 孤立したパッケージを削除します ]
になっている。分かりにくいww

2. [GtkOrphan] を起動すると [Orphaned Packages] に
孤立しているパッケージ が表示されます。

3. 削除したいパッケージを選択し[OK]を押すと
孤立したパッケージが削除されます。

※管理人の環境では実行した時点では孤立パッケージはなかった←

・ひとこと

孤立したパッケージは一見しただけでは

見分けがつかないので、このようなツールはありがたいです

ではお疲れ様でした(・∀・)ノ

広告

]