Linux

【連載:Linux Mintを初めよう!!】第4回 仮想PCの環境を構築しよう

【連載:Linux Mintを初めよう!!】第4回 仮想PCの環境を構築しよう

前回の記事ではMintのディストリビューションの紹介をしましたが
今回は仮想PCでMintをインストールする環境を構築してみましょう。

 

4-1 仮想PCの作成手順

ここでは、仮想PCとしてVirtual Boxがインストールされて いるものとして作業を進めます。 仮想PCやその仕組については同連載の第二回「Virtual Boxを使ってみよう」 で解説しましたのでそちらを御覧ください。

以下のステップでMintを動かすための仮想PCを作成します。

正しくない設定を行うと起動の失敗やOSのパフォーマンス低下につながるので

1つずつ確実に実行していってください

  1. 仮想マシンを新規作成する
    Virtual Boxを起動して左上の[新規]をクリックします
    すると「新規仮想マシン作成ウィザード」が起動しますので
    [次へ]をクリックしましょう
  2. 仮想マシン名を入力する
    ここでは、仮想マシンの名称を入力します。
    なんでもいいんですが、わからないかたは
    自動で最適な設定にされるように
    [Ubuntu Mint]と入力しておいてください。
  3. メモリの割当
    わからない人はデフォルトの512MBで構いません
    あとで変更できますのでスルーしましょう。
  4. 仮想ハードディスクの作成
    仮想PCでは仮想ハードディスク(以下VHD)という単一のファイルを
    実際のハードディスクのように扱います
    ここでは新規のVHDを作成しますので
    そのまま[次へ]をクリックしましょう
    ※厳密には仮想ディスクイメージですが便宜上
    この記事では仮想ハードディスクとします。
  5. 仮想ハードディスクの種類を選択
    今回の場合はなんでも構いません
    デフォルトのvdi形式で大丈夫です。
  6. 可変と固定の仮想ハードディスク
    VHDには実際のサイズが変わらない
    固定形式と容量が変わる可変形式があります。
    長くなるのでここでは説明しませんが
    可変(Dynamically allocated )を選択しておきましょう。
  7. 仮想ハードディスクのサイズ
    このへんは英語のままなですね^^;
    デフォルトではVHDのサイズが8GBとなっていますが
    これでは少なすぎるので40GBにしましょう
    右下の8.00を40.00に入力しなおせば大丈夫です
  8. 仮想ハードディスクの作成
    問題なければ[Create]を押しましょう
  9. 仮想PCの作成
    VHDが作成されると仮想PCを作成する準備が整います
    確認して問題なければ[Create]しましょう
  10. 完成
    以下のように仮想PCが作成されていれば成功です
    お疲れ様でした!!

 4-2 ひとこと

連載の間が開いて申し訳ないです

今回の記事はたくさん書いたので許してください←

ということでかなり引っ張りましたが

次回からいよいよMintを起動できるようにします

どうぞご期待ください(´・ω・`)ノシ

 

前の記事: 第3回 Linux Mintを入手しよう!!

次の記事 : 【連載:Linux Mintを初めよう!!】第5回 Mintをインストールしよう

広告

]